ICFグローバルリーダーズフォーラム2016参加ご報告

2016年3月3日から6日までのからの3日半、アメリカノースカロライナ州シャーロットにて、国際コーチ連盟(“ICF”)の世界中のチャプターリーダーが集結し、第2回の「グローバルリーダーズ・フォーラム(Global Leaders Forum、以下GLF)」が開催されました。


2015 ICF Chapter Recognition from ICF Headquarters on Vimeo.

今年は、アメリカ(54)、アジア・パシフィック(21)、ヨーロッパ・ミドルイースト&アフリカ(38)、ラテンアメリカ(12)、合計125チャプターの内9割近くから200余名が参加し、日本からは日本支部副理事長の田中智子と理事の牧野内正雪の2名が参加しました。

GLFの概要

フォーラムの概要は、ゲストスピーカーの講演、ICF組織としての活動報告等を受信する場であったことに加え、世界規模でのICFとしてのブランディングや戦略、具体的協働、コーチング業界についての闊達な討議を通して、ICF側が世界の現状を吸い上げる場でもありました。参加者全てにとって、様々な国との情報・事情共有、ネットワーキングの場であったことは言うまでもありません。

私たちは、日本の会員の皆様やコーチングに興味を持たれるすべての方のために、日本支部として「ICFが提供する価値を如何に日本の皆様に役立てるか」を念頭に、積極的に情報収集し、日本の現状について発信しました。EUの国々もラテンアメリカやアジアの国々も、非英語圏では同じような悩みを抱えており、チャプター間で助け合いコラボし合っていることを知りました。日本としてもICF内での存在感を上げて他の支部と連携しあい、日本の皆様にいかにICFの膨大なアセットをお伝えできるか、を念頭に置きながら今後の活動に力を入れて参ります。

GLFの様子

功績のあったチャプターを称えるアワード

コーチングで現地マイクロソフト社の企業文化を変えて受賞したジャカルタ・チャプターや、非営利団体へのプロボノ・コーチングの機会創出で受賞したバンクーバー・チャプター等、12チャプターが受賞。
02_s

様々な分野から人を招いてのセッション&キーノート

パーソナルブランデリングのプロ、ウィリアム・アルーダ氏や、『So Good They Can’t Ignore You』のカル・ニューポートなど各分野のデザイン、ブランディング、ディープ・ワーク、の3テーマでのワークショップと講演。
07_s

ブレインストーミング&話し合いの場であるIdea Labs

ファイナンス、提携&パートナーシップ、SNSなどのテクノロジーなど、8テーマに分かれてディスカッションをし、全体で共有。
06_s

成功例の共有=ケーススタディ

マニュアル化が巧みなドイツチャプターの事例や、バンクーバーとウィスコンシンの代表理事らによる戦略的なコミュニケーションについての2ケース。
04_s

日本支部の林代表の映像も

会場のスクリーンに我らが代表が大写しに。空き時間にこんな一幕も・・・。「あれ! あれがうちの代表です!」 他チャプターの方への説明に役立ちました。
14_s

ICF本部代表や、各チャプターのリーダーたちとのネットワーキング

ICF本部代表のレダや、事務局長のマグダ、各チャプターのリーダーたちと問題を共有したり、解決策やそれぞれの体験などについては話し、関係性を構築してきました。
09_s
12799208_899251310189231_4262805270684114617_n

(ポーランドチャプター主導)「コーチングの樹を植えよう」記念植樹

最後に任意参加で記念植樹。「コーチングは植樹と一緒。どんな樹、人に育つかは分からないけど、信じて水をあげ、育てるんだよ。」とはポーランドチャプターのアルトゥール氏の言。
08_s