カテゴリー別アーカイブ: 国際コーチ連盟日本支部について About ICF Japan Chapter

平成27年度 定時総会 に関するご連絡

下記の要領にて、一般社団法人国際コーチ連盟日本支部 平成27年度 定時総会 を開催いたします。

               記

■ 日時 : 2016年9月10日(土) 開場18:30 開演19:00

■ 会場 : 品川区総合区民会館(きゅりあん) 5F第三講習室 
        http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

■ 参加資格 : 
  ICFジャパンに御興味をお持ちの方は、どなたでも参加できます。
  (非会員の方は下記フォームのコメント欄に「非会員」と記入し、お申込みください。)

  ただし、総会での議決権は、2016年7月末時点での正会員様のみとなり、
  以降の正会員様、及び個人パートナー・非会員の皆様はオブザーブとなります。

  対象となる正会員の皆様で当日参加が不明な方は、下記の議案を御確認いただき、
  委任状への承諾をお願い致します。

  総会成立のために総正会員の過半数の出席もしくは委任が必要です。
  御協力よろしくお願い致します。

■ 今回の主な議案 :
  ・第3期活動報告ならびに会計報告
  ・第4期活動計画ならびに収支予算案
  ・定款変更 他

  詳細は、下記、総会資料をご確認下さい。

logo_pdf

   *総会御出席の方は、印刷または閲覧できる状態で、当日、御持参ください。
   *当日の資料の配布はございません。

■ 参加申込/委任状 : 
  下記のフォームよりお願い致します。
  (出欠確認のため、委任されない方も、下記のフォームより送信ください。)


受付は終了しました。

平成26年度 定時総会 に関するご連絡

下記の要領にて、一般社団法人国際コーチ連盟日本支部 平成26年度 定時総会 を開催いたします。

                              記

■ 日時 : 2015年9月27日(日) 開場18:00 開演18:30

■ 会場 : 文京区シビックセンター3F  (東京都文京区春日1-6-21)
        シビックホール会議室内 会議室1番 
        *正面右のエレベータで3階、おりてまっすぐ突き当りを左。
        http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

■ 参加資格 : 
  ICFジャパンに御興味をお持ちの方は、どなたでも参加できます。
  (下記フォームのコメント欄に、非会員あるいはその他の属性を記入し、お申込みください。)

  ただし、総会での議決権は、2015年7月末時点での正会員様のみとなり、以降の正会員
  及び準会員・非会員の皆様はオブザーブとなります。
  対象となる正会員の皆様は、下記の議案を御確認いただき、委任状への承諾をお願い致します。
  総会成立のために総正会員の過半数の出席もしくは委任が必要です。
  御協力よろしくお願い致します。

■ 今回の主な議案 :
  ・第2期活動報告ならびに会計報告
  ・第3期活動計画ならびに収支予算案
  ・ICF本部の方針変更に伴う会員名称の変更
  ・任期満了に伴う理事の選出 他

  詳細は、下記、総会資料をご確認下さい。

logo_pdf

   *総会御出席の方は、印刷または閲覧できる状態で、当日、御持参ください。
   *当日の資料の配布はございません。

■ 参加申込/委任状 : 
  下記のフォームよりお願い致します。
  (出欠確認のため、委任されない方も、下記のフォームより送信ください。)


受付は終了しました。直接、会場にお越しください。

ACTP、ACSTH、公認CCE発行団体のみなさま

ACTP、ACSTH、公認CCE発行団体のみなさま

ICFジャパンでは、今後さらにICF認定資格申請・更新、および会員申請・更新の支援の一貫として、
継続学習履修証明となる継続学習単位を発行するイベントを積極的に開催・支援してまいります。
ICFジャパン主催イベントのみならず、
今年はICF公認団体とのコラボイベント(ICFジャパン協賛イベント)にも力を入れていきます。

───────────────────────────────────────────────────────────────
6月─8月のICFジャパン協賛CCE発行イベントのお知らせ
───────────────────────────────────────────────────────────────

☆ポインツ・オブ・ユー(POY)

昨年10月にも体験イベントを行いましたが、今回はPOYを使用してのコーチングの効果について実際に体験できるワークショップとなります。

【イベントタイトル】
レジリエンスの強化がコーチングの満足度を変える 【ICF日本支部 協賛】
【内容】
昨今の急速に変化する社会への適応性には様々な能力開発が要求されています。
そのような中、コーチには、クライアントの視点の拡張、コミュニケーション能力向上などの能力開発が求められております。
ポインツ・オブ・ユー(POY)は、コーチングで得られる効果を促進するための道具です。
道具を使うことで、クライアントの能力向上を目に見える形にし、得られる満足度をより明確にする効果があります。
本イベントでは、POYのご紹介に加え、POYを使用したコーチングの効果についてワークショップを通じて体験していただきます。
【日時】
2015年6月10日(水)19時~21時
【場所】
文京シビックセンター4階 区民会議室(シルバーセンター)和室1
東京都文京区春日1‐16‐21
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
【講師】
ポインツ・オブ・ユー・ジャパン代表 市居 嗣之 氏
【会費情報】
1,500円(ICFジャパン会員)、3,000円(一般)
【CCE】
CCE発行
【お申込み・お問合せ】
 http://kokucheese.com/event/index/291963/
 ポインツ・オブ・ユー・ジャパン info@poyjapan.com

───────────────────────────────────────────────────────────────

☆ 前ICF会長ダミアン・ゴールドバーグによるセミナー

昨年までのICF会長であったダミアン ゴールドバーグ氏が来日しての日本初セミナーが、
3日間の「コーチングマネージメント術」というタイトルで開催されます。
詳細・お申し込みはこちら
http://www.synergyplus.co.jp/goldvarg/

ご存知の方が多いかと思いますが、
ゴールドバーグ氏は、国際コーチ連盟の会長を
2期連続で務めた人物で、
コカコーラなどフォーチュン100に名を連ねるクライアントを
多数抱える超一流のビジネスコーチです。

ビジネスコーチングスキルを高めたいコーチの方や、
法人クライアントを獲得したいコーチの方、
または、コーチングをビジネスに応用したいと思っている
マネージャーや経営者の方にはお勧めの内容とのことです。

ICFジャパンの会員の方は、人数限定の先行予約ページからお申込みいただくと参加費の割引があります。
「コーチングマネージメント術」
協賛団体用先行予約ページ
http://www.synergyplus.co.jp/goldvarg/

ICFグローバル・リーダーズ・フォーラムに参加します

【ICFグローバル・リーダーズ・フォーラムに参加します】
ICFGLF2015

国際コーチ連盟は世界各地に地域チャプターを整備し、地域に根ざしたコーチングの普及活動をしています。その各地のリーダーが一同に集まる国際フォーラムが3月5日から7日の期間アメリカ・アトランタにて開催されることになりました。

このフォーラムにICFジャパンからは代表理事の林健太郎と副代表の紫藤由美子が参加します。今年20周年を向かえるICFがこれからどこに 向かって歩みを進めるのか、最新情報を皆さまにお知らせできるよう、フォーラムではたくさん学びを得て帰ってきます。

そして、ICFジャパンの活動を世界に周知し、これからのコーチング産業の発展に向け日本からの声もしっかり伝えて参ります。

GLF_WebBanner

ICF Global Leaders Forum
http://coachfederation.org/glf2015

Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏) グローバル・リーダー・コーチ インタビュー ♯2

Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏) グローバル・リーダー・コーチ インタビュー ♯2

Judy  Feld, MCCグローバル・リーダー・コーチインタビュー

ICFジャパンで、不定期に、世界で活躍するコーチのインタビューを掲載して参ります。
第2弾は Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏)です。

プロフィール : Judy Feld, MCC
CoachNet.com
Judy@coachnet.com
Judith.Feld@utdallas.edu
Phone: 972-931-6366
www.linkedin.com/in/judyfeld

ジュディ・フェルドは世界中で高く評価されているエグゼクティブコーチです。1998年、国際コーチ連盟認定(ICF)マスタープロフェッショナルコーチ取得、ICFグローバルの前代表、ICF北部テキサス、初ICFチャプター創設者、テキサス大学ダラス校エグゼクティブ&プロフェッショナルコーチングプログラムの共同創始者であり初代教員。

Judy Feld is an executive coach with a highly regarded reputation worldwide. She is an ICF Master Certified Coach since 1998, a past president of ICF Global, and founder of ICF-North Texas, the first ICF chapter. Judy was co-founder of UT Dallas Executive and Professional Coaching Program and its first faculty member.

1.あなたがコーチになったきっかけ・理由はなんですか?
    What made you decide to become a coach?

コーチになる前は、マーケティング、コンサルティング、ビジネス開発、リサーチ、ソフトウェア設計分野における企業の管理職として20年以上のビジネス経験がありました。そしてそれと同時にトレーニングとスピーキング研修に積極的に関わっていました。私はアメリカン航空(AMR)インフォメーションサービスの副社長でしたので、将来的な技術利用計画を支援し、グローバル市場にそれを供給するチームを率いていました。業績を上げていた国際仮想同盟の初期の模範であったフランス国有鉄道(SNCF)とのベンチャービジネスを手がけましたし、ResaRail 2000プロジェクトのリーダーを努め、パリに移住しResaRail 2000のオフィスでも働きました。そのベンチャービジネスは文化、技術、歴史の複雑な問題にもかかわらず、技術的、かつ組織的背景の双方で成功を収め、2つの親会社が抱える溝を埋め、新しい仕事とリーダーシップの文化を導入しました。

ダラスのフォートワース国際空港の本社にもどったとき、今が私にとって重要なキャリアチェンジの時期だということに気づきました。私のプロとしての人生における欲求は更なる自立性、自主性、そして創造性だということを発見したのです。

Before I was a coach I had more than twenty years of business experience, holding corporate management positions in marketing, consulting, business development, research and software design while remaining actively involved in training and speaking. I was a vice-president of AMR Information Services (American Airlines), and led a team that helped to envision future uses of technology and deliver it to a global markets. We created a joint venture with the French National Railroad (SNCF) which was an early example of a well-performing international virtual alliance. I was a leader of the ResaRail 2000 project, lived in Paris and worked in the ResaRail 2000 offices. The venture was a success from both a technological and organizational context, despite complex issues of culture, technology and history. We implemented new work and leadership cultures, bridging the gap between the two parent firms.

When I returned to corporate headquarters at D/FW I came to realize that, for me, it was time for a significant career shift. I discovered that what I wanted in my professional life was more autonomy, independence, and creativity. I negotiated an exit package and spent a year as a consultant and trainer–until I discovered coaching. I wish I had worked with a coach in my transitiion. I knew I wanted to be a coach when I met one of the early pioneers in coaching, who introduced me to the late Thomas Leonard, founder of Coach U. After our virtual meeting I was soon teaching and learning at CoachU and creating websites for coaches while I learned. That was about 20 years ago, and coaching has been the best “job” I have ever had.

2.コーチングで一番心がけていることはなんですか?
  What do you keep in your mind the most about your coaching, coaching style

私のクライアントは未来志向の経営幹部、専門家、起業家、進歩的な組織やチームですので、私のコーチングはポジティブ、結果指向、協力的、戦略的そして実用的です。私のホームページ、CoachNet.comの入り口には2つのドア(ポータル)があります。

ビジネス:前進を模索する前向きな組織の経営幹部や、起業家、経営者、科学者、専門家、代表向け

コーチ:すでに成功しているコーチの経験と指導から得らえる学びと利益を得たいコーチまたはコーチ志望者、コンサルタント、トレーナー向け

一年ぐらい前に、ICFの各チャプターやいくつかの団体、トレーニングプログラムに提出するプレゼンテーションを作りました。タイトルは「コーチとしての20年、20のヒント、ツールと(それほど秘密にしていない)秘密の曝露」です。私の話の要点をまとめたスライドのPDFファイルをこちらに添付しました。私のホームページでもそれぞれのツールの関連資料を提供しています。
coachnet.com/business/articles/

I work with future-oriented executives, professionals, entrepreneurs, progressive organizations and teams. My coaching is positive, solution-oriented, collaborative, strategic, and practical. The entry-point to my website, CoachNet.com, has two doors (portals):

Business: For executives, entrepreneurs, managers, scientists, professionals & representatives of forward-thinking organizations looking for progress.

Coaches: For established & aspiring coaches, consultants & trainers who want to learn & benefit from the experience & guidance of a successful coach.

About a year ago I created a presentation which I have shared with several ICF chapters, organizations and training programs. The title is “Two Decades as a Coach ˆ Twenty Tips, Tools, and (not so secret) Revelations”. I’ve attached the PDF file of the slides, which highlight my speaking points. I offer a related resource for each tool at my website:
Article Bank: coachnet.com/business/articles/

3.コーチングの仕事をしていて難しいと思うことはなんですか?
  What are the challenges or difficulties that you face in the coaching business?

私のプロコーチとしてのキャリアは、現在困難を排除しコーチ志望の方に多くの学びを分け与える地点に到達しました。成ったばかりのコーチ(社内・社外コーチ共)にとって最大の課題はマーケティングのようですね。一年程前に、2013年9月1日をもって、テキサス大学ダラス校のエグゼクティブ&プロフェッショナルプログラムの創設者とACTPトレーニングディレクターとしての立場を辞任する意向を発表しました。それから5ヶ月間、後継者の訓練と指導をし、正式に2月1日に退任しました。
私のニュースレター The CoachNet Strategy Letterで私の転身について記載した記事はこちらです。

新しい方向:ジュディ・フェルドよりメッセージ

5月にテキサス大学ダラス校で開催されたオープンハウスで、私は2013年9月1日をもって、エグゼクティブ&プロフェッショナルコーチングプログラムのACTPトレーニングディレクターとしての役職を辞任する意向をお伝えしました。私が新しい役目に移行するにあたって皆様のサポートのメッセージ(と質問)すべてに感謝致します。今後も私のさまざまな仕事を引き継ぐ新任に指導、養成をして参ります。 (2005年の)プログラムの創設者としての私の目的は、継続的成功を確実にする最大限の継続性と魅力的な変遷を提供することでした。大学教員として引き続き開講予定の授業を行い、エグゼクティブMBAプログラムやリサーチ学部といった大学の他分野のエグゼクティブコーチングを行います。
コーチングの専門職から引退は致しません。幅広い管理職や専門職の世界中のクライアントに対する個別コーチングセッションは継続致します。私の目標は来る他の興味深い機会に対応するためにより多くの時間を作ることです。

I have reached a place in my coaching professional career where I have eliminated the difficulties and I can share the many lessons learned with aspiring coaches. The main challenge for new coaches appears to be marketing–both for internal and external coaches. About a year ago I announced my intention to step down as founder and ACTP Training Director of the Executive & Professional Coaching Program at UT Dallas–effective September 1, 2013. I spent the following five months training and mentoring my successor and officially retired as of February 1st. Here’s what I wrote about that transition in my e-newsletter, The CoachNet Strategy Letter:

New Directions: Message From Judy Feld

In May, at an Open House at UT Dallas, I shared my decision to step down from my position as ACTP Training Director for the Executive and Professional Coaching Program as of September 1, 2013. I appreciate all your messages of support (and your questions) as I transition to a new role. I will mentor and train the new people who will take over my various functions. As a founder of the program (in 2005) my objective is to provide maximum continuity and a graceful transition to ensure its continued success. I will continue in my faculty position, teaching my scheduled classes, as well as executive coaching in other areas of UT Dallas, such as the EMBA program and the Research Dept.
I am not retiring from the Coaching Profession. My private practice continues to thrive, with coaching clients all over the world in a variety of executive and professional positions. My goal is to create more time to respond to other interesting opportunities which come my way.

4. 今後コーチとしてやりたいことは何ですか?
  What would you like to do as a coach going forward?

オープンハウスで使用した私の最後のプレゼンテーションスライド(音楽と郷愁が加わった)「コーチとしての次の20年」はこちらです。

 個別セッション(あと数人のクライアントを受ける余裕があります)
 CoachNet.com (私のネットワーク上拠点における新しいアイデアと新しい資料)
 メンタリング(高い可能性のあるコーチに対して)
 ティーチング(テキサス大学ダラス校と企業、民間プログラムにおいて)
 コーチングのイニシアチブを高める(しかし、管理はしない)
 新しいことを発掘する(例えば著書のゲーム化)
 旅行/リラックス

新たにできた時間をすべての新プロジェクトで埋めようとは思いませんが、これらは私が最も興味をもっていることです。そのためには気を引き締める必要がありますね。皆様の情報やアイデアに感謝しています。すべての方に知って頂きたいのは私はプロとしての人間関係と個人的な友好関係を高く評価し、(評価を持ち続ける)ということです。ですので、つながりを持つことは私にとってとても重要です。(アメリカでは)「電話、手紙(および電子メール)を受け入れ続けましょう」と言われています。ですので、リンクドイン(LinkedIn)で繋がりましょう。そして、ぜひCoachNet戦略レターの購読してください。

Here’s what my last presentation slide at the Open House contained (plus some music and nostalgia):
My Next 20 Years As a Coach
 Private practice (perhaps room for a few more clients)
 CoachNet.com (new ideas and new resources for my virtual headquarters)
 Mentoring (for high-potential coaches)
 Teaching (at UTD and in corporate and public programs)
 Develop Coaching Initiatives (but not manage them)
 Discover what‚s new (e.g. gamification applied to SmartMatch Alliances)
 Travel/Relax

I don’t want to fill all my newly-open time with all these new projects–just those which intrigue me the most. I need to be careful about that. I appreciate your input and ideas. I want you all to know that I have valued (and will continue to value) our professional relationships and personal friendships–and it is important to me to stay in touch. As they say, “keep those calls and letters (and e-mails) coming.” Let’s be sure we’re connected on LinkedIn, and I welcome you as subscribers to the CoachNet Strategy Letter.

5.そのためには何が必要ですか?
  What do you need in order to accomplish it (the above)?

健康でいること、そしてすばらしいクライアントと同僚、家族、友達からのサポートと協力です。私は恵まれています。そして、私の感謝の気持ちを表し続けていきたいと思っています。

Continued good health and support and collaboration from wonderful clients, colleagues, family and friends. I feel blessed, and want to continue to express my gratitude.

6.日本のコーチに一言
  Message to coaches in Japan

ぜひ、こちらの資料と記事をご覧ください。

CoachNet 戦略レターの購読:
coachnet.com/info/resources-newsletter.html
リンクドイン:
linkedin.com/in/judyfeld
Join Groups: (can join up to 50)
グループの参加:(50まで参加できます)
資料集(アーティクルバンク):
コーチのノートブック: http://www.coachnet.com/coaches/articles/index.html
著書(スマートマッチアライアンスSmartMatch Alliances):
http://www.coachnet.com/info/resources-smartmatch.html
メールアドレス: Judy@CoachNet.com

Here are some resources and articles to share:

Subscribe to the CoachNet Strategy Letter:
coachnet.com/info/resources-newsletter.html
Connect on LinkedIn:
linkedin.com/in/judyfeld
Article Bank:
http://www.coachnet.com/business/articles/
http://www.coachnet.com/business/articles/
Coach’s Notebook: http://www.coachnet.com/coaches/articles/index.html
SmartMatch Alliances book:
http://www.coachnet.com/info/resources-smartmatch.html
E-mail: Judy@CoachNet.com

インタビュー by ICFジャパンチャプター副理事長 紫藤由美子
翻訳 by コーチングインターナショナル ビジネス&パーソナルコーチ 荒木 まさえ

コーチング・カンファレンス 2014 in Japan ‐ 2014年10月12日


「コーチングは世界的にどのように活用されていますか?」という質問を受けた時、プロのコーチには明確な答えがあるでしょうか。またクライントとなる個人や企業が「なぜコーチングを採用するのでしょうか?」という質問に明確に答えられるでしょうか。
このカンファランスは、国際コーチ連盟(ICF)のリーダーがグローバルな視点でコーチングに関する最新情報をお伝えし、それを日本でいかに活用するのかについて考えるためのイベントです。

ICFは近年コーチングに関する最大規模の業界団体として業界内外に認知度が高く注目されている団体です。ICFの会長の来日は2012年以来2年ぶりとなり、会長から直接コーチングの世界的な情報を聞くことのできるまたとない機会となります。

※すべてのセッションに同時通訳が入ります。

第一部 グローバルな視点で考えるコーチングの未来(講演)

コーチにとって異文化間の課題を扱うことは時に神経をすり減らすものとなります。こういった課題により柔軟に対応できるようにするためにコーチが異文化間の課題に対する認識を向上させることは有効なのでしょうか。そして、違いを問題視する姿勢から喜びとともに受け入れることができたとしたら、コーチングそして、クライアントにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

このような異文化間のコンピテンシーに対する必要性は近年認知度を増し、その課題に直面するクライアントも増えてています。ICFではこれを大切なことだと考え、2013年10月にダイバーシティーと異文化への異なる側面と、それがコーチングに及ぼす影響についてさらなる認知を得るための2日間イベントを開催しました。

今回のセッションでは、そのイベントの中でお話した事例を活用した研究結果や、異文化間の発見を要約してお話し、文化的意識に関する異なる定義について学んでいきます。その中で地域や文化というこれまでの範疇を超えた新しい考え方についても言及します。セッション中に参加者同士がこのテーマについて話し情報交換をする機会も設けます。

第二部 日本のコーチングの未来を語る(パネルディスカッション)

国際コーチ連盟 日本支部(ICFジャパン)の活動にはコーチングの社会への更なる普及という大きな目標があります。第二部では、その実現のために「日本におけるコーチングの役割とは」や「さらなる認知獲得のためにできることとは」などをテーマとし、ダミアン&マグダに加え、コーチング業界を代表するパネリストを迎え、日本のコーチングの未来についてパネルディスカッションを行います。
それぞれの視点やご意見、視点などをお話いただくとともに、会場全体から質疑を交えてディスカッションを試みます。
このセッションが日本のコーチングの将来の礎として機能することを期待しています。

<パネルディスカッション・パネラー(予定)>
ダミアン ゴールドバーグ 国際コーチ連盟会長
マグダレーナ(マグダ) ムーク 国際コーチ連盟CEO
生嶋幸子氏 (株)コーチ・アイエヌジー
島村剛氏 (株)ウエイクアップ
塚本玄エイドリアン氏 (株)コーチ・エイ
平本あきお氏 (株)チーム・フロー
森英樹氏 銀座コーチングスクール
林健太郎氏 国際コーチ連盟日本支部代表

開催概要
■ 日 程 2014年10月12日(日曜日)
■ 時 間 13:00−16:30
■ 場 所 東京ミッドタウン カンファレンス     
■ 参加費 会員:2,000円 非会員:5,000円 同時通訳のヘッドセット:別途1,000円

■ 当日の流れ(予定)
  12:30〜13:00 開場
 13:00〜14:30 ICF会長&CEOプレゼンテーション
  14:45〜16:15 パネルディスカッション
  16:15〜16:30 閉会

■ カンファレンス終了後、レセプションがございます(18:00-20:00)。
詳しくは申込みページをご覧ください。(参加費:6,000円 定員60名)

■ 申し込み方法
以下のお申込ページからお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/209142/

■ 主 催 国際コーチ連盟 日本支部
■ 協 賛 銀座コーチングスクール、株式会社ウエイクアップ、株式会社コーチ・アイエヌジー
       有限会社ドリームコーチ・ドットコム、株式会社チームフロー
       株式会社コーチングバンク、CS実践研究所、株式会社ALT Ene

Attention: Japan Welcomes ICF President! / ~The Future of Coaching from a Global Perspective~

Dr. Damian Goldvarg ; Chair of ICF, MCC
More than 15 years of experience as an Executive Coach working with individuals and organizations across Asia, Europe, Latin America and the United States.
Focusing on leadership development.

Magdalena Mook ; CEO and Executive director of ICF
Over a decade of experience in fundraising, consulting and association management.
Held positions with the Council of State Governments, a national association of state officials. Also worked for the U.S. Department of Agriculture’s Economic Research Service for coordinating technical assistance programs, conducting workshops and implementing special projects in four European countries. She is a trained coach and systems’ facilitator.

For English speakers,
please email your registration to:
info@icfjapan.com

Please include the following information to register;
1) Your name
2) Your contact information : Email address and Phone number
3) Are you a member of ICF Japan? Yes (Full member or Associate member) or No
4) Do you require CCE unit?
5) Do you require a simultaneous interpretation device (head-set JPY1,000)? Yes or No
6) Would you like to attend the reception (JPY6,000) after the event? Yes or No

平成25年度 定時総会 に関するご連絡

下記の要領にて、一般社団法人国際コーチ連盟日本支部 平成25年度 定時総会 を開催いたします。

                              記

■ 日時 : 2014年9月21日(日) 開場12:30 開演13:00

■ 会場 : 文京区シビックセンター3F  (東京都文京区春日1-6-21)
        シビックホール会議室内 会議室1番 
        *正面右のエレベータで3階、おりてまっすぐ突き当りを左。
        http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

Kentaro_w120■ 当日の流れ(予定) :
  13:00-14:00 総会
  14:00-15:00 「ICFとICFJのこれまで、そして、これから(仮)」(講演) 代表理事 林 健太郎
  15:00-16:30 「日本のコーチングの未来を語る」(ワークショップ)
  *出入り自由です。御都合のつく時間帯に御参加ください。

■ 参加資格 : 
  ICFジャパンに御興味をお持ちの方は、どなたでも参加できます。
  ただし、総会での議決権は、2014年7月末時点での正会員様のみとなり、以降の正会員
  及び準会員・非会員の皆様はオブザーブとなります。
  対象となる正会員の皆様には、定款の定めに従い、開催の一週間前までに議案をお送りします。
  御確認いただき、委任状への承諾をお願い致します。御協力よろしくお願い致します。

■ 参加申込 : 
  下記のフォームよりお願い致します。
  http://kokucheese.com/event/index/214403/

img_bc_meeting

会員更新のご案内メールをお送りしました

年度更新に伴い、2014年7月14日に、現会員の方向けに更新のご案内メールをお送り致しました。

もし、届いていない、という会員様がいらっしゃいましたら、info@icfjapan.com までご連絡くださいませ。

お忙しいところお手数をおかけいたしますが
よろしくお願いいたします。

国際コーチ連盟日本支部事務局