カテゴリー別アーカイブ: グローバル・リーダー・コーチ インタビュー Grobal Leader Coach Interviews

Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏) グローバル・リーダー・コーチ インタビュー ♯2

Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏) グローバル・リーダー・コーチ インタビュー ♯2

Judy  Feld, MCCグローバル・リーダー・コーチインタビュー

ICFジャパンで、不定期に、世界で活躍するコーチのインタビューを掲載して参ります。
第2弾は Judy Feld, MCC(ジュディ・フェルド氏)です。

プロフィール : Judy Feld, MCC
CoachNet.com
Judy@coachnet.com
Judith.Feld@utdallas.edu
Phone: 972-931-6366
www.linkedin.com/in/judyfeld

ジュディ・フェルドは世界中で高く評価されているエグゼクティブコーチです。1998年、国際コーチ連盟認定(ICF)マスタープロフェッショナルコーチ取得、ICFグローバルの前代表、ICF北部テキサス、初ICFチャプター創設者、テキサス大学ダラス校エグゼクティブ&プロフェッショナルコーチングプログラムの共同創始者であり初代教員。

Judy Feld is an executive coach with a highly regarded reputation worldwide. She is an ICF Master Certified Coach since 1998, a past president of ICF Global, and founder of ICF-North Texas, the first ICF chapter. Judy was co-founder of UT Dallas Executive and Professional Coaching Program and its first faculty member.

1.あなたがコーチになったきっかけ・理由はなんですか?
    What made you decide to become a coach?

コーチになる前は、マーケティング、コンサルティング、ビジネス開発、リサーチ、ソフトウェア設計分野における企業の管理職として20年以上のビジネス経験がありました。そしてそれと同時にトレーニングとスピーキング研修に積極的に関わっていました。私はアメリカン航空(AMR)インフォメーションサービスの副社長でしたので、将来的な技術利用計画を支援し、グローバル市場にそれを供給するチームを率いていました。業績を上げていた国際仮想同盟の初期の模範であったフランス国有鉄道(SNCF)とのベンチャービジネスを手がけましたし、ResaRail 2000プロジェクトのリーダーを努め、パリに移住しResaRail 2000のオフィスでも働きました。そのベンチャービジネスは文化、技術、歴史の複雑な問題にもかかわらず、技術的、かつ組織的背景の双方で成功を収め、2つの親会社が抱える溝を埋め、新しい仕事とリーダーシップの文化を導入しました。

ダラスのフォートワース国際空港の本社にもどったとき、今が私にとって重要なキャリアチェンジの時期だということに気づきました。私のプロとしての人生における欲求は更なる自立性、自主性、そして創造性だということを発見したのです。

Before I was a coach I had more than twenty years of business experience, holding corporate management positions in marketing, consulting, business development, research and software design while remaining actively involved in training and speaking. I was a vice-president of AMR Information Services (American Airlines), and led a team that helped to envision future uses of technology and deliver it to a global markets. We created a joint venture with the French National Railroad (SNCF) which was an early example of a well-performing international virtual alliance. I was a leader of the ResaRail 2000 project, lived in Paris and worked in the ResaRail 2000 offices. The venture was a success from both a technological and organizational context, despite complex issues of culture, technology and history. We implemented new work and leadership cultures, bridging the gap between the two parent firms.

When I returned to corporate headquarters at D/FW I came to realize that, for me, it was time for a significant career shift. I discovered that what I wanted in my professional life was more autonomy, independence, and creativity. I negotiated an exit package and spent a year as a consultant and trainer–until I discovered coaching. I wish I had worked with a coach in my transitiion. I knew I wanted to be a coach when I met one of the early pioneers in coaching, who introduced me to the late Thomas Leonard, founder of Coach U. After our virtual meeting I was soon teaching and learning at CoachU and creating websites for coaches while I learned. That was about 20 years ago, and coaching has been the best “job” I have ever had.

2.コーチングで一番心がけていることはなんですか?
  What do you keep in your mind the most about your coaching, coaching style

私のクライアントは未来志向の経営幹部、専門家、起業家、進歩的な組織やチームですので、私のコーチングはポジティブ、結果指向、協力的、戦略的そして実用的です。私のホームページ、CoachNet.comの入り口には2つのドア(ポータル)があります。

ビジネス:前進を模索する前向きな組織の経営幹部や、起業家、経営者、科学者、専門家、代表向け

コーチ:すでに成功しているコーチの経験と指導から得らえる学びと利益を得たいコーチまたはコーチ志望者、コンサルタント、トレーナー向け

一年ぐらい前に、ICFの各チャプターやいくつかの団体、トレーニングプログラムに提出するプレゼンテーションを作りました。タイトルは「コーチとしての20年、20のヒント、ツールと(それほど秘密にしていない)秘密の曝露」です。私の話の要点をまとめたスライドのPDFファイルをこちらに添付しました。私のホームページでもそれぞれのツールの関連資料を提供しています。
coachnet.com/business/articles/

I work with future-oriented executives, professionals, entrepreneurs, progressive organizations and teams. My coaching is positive, solution-oriented, collaborative, strategic, and practical. The entry-point to my website, CoachNet.com, has two doors (portals):

Business: For executives, entrepreneurs, managers, scientists, professionals & representatives of forward-thinking organizations looking for progress.

Coaches: For established & aspiring coaches, consultants & trainers who want to learn & benefit from the experience & guidance of a successful coach.

About a year ago I created a presentation which I have shared with several ICF chapters, organizations and training programs. The title is “Two Decades as a Coach ˆ Twenty Tips, Tools, and (not so secret) Revelations”. I’ve attached the PDF file of the slides, which highlight my speaking points. I offer a related resource for each tool at my website:
Article Bank: coachnet.com/business/articles/

3.コーチングの仕事をしていて難しいと思うことはなんですか?
  What are the challenges or difficulties that you face in the coaching business?

私のプロコーチとしてのキャリアは、現在困難を排除しコーチ志望の方に多くの学びを分け与える地点に到達しました。成ったばかりのコーチ(社内・社外コーチ共)にとって最大の課題はマーケティングのようですね。一年程前に、2013年9月1日をもって、テキサス大学ダラス校のエグゼクティブ&プロフェッショナルプログラムの創設者とACTPトレーニングディレクターとしての立場を辞任する意向を発表しました。それから5ヶ月間、後継者の訓練と指導をし、正式に2月1日に退任しました。
私のニュースレター The CoachNet Strategy Letterで私の転身について記載した記事はこちらです。

新しい方向:ジュディ・フェルドよりメッセージ

5月にテキサス大学ダラス校で開催されたオープンハウスで、私は2013年9月1日をもって、エグゼクティブ&プロフェッショナルコーチングプログラムのACTPトレーニングディレクターとしての役職を辞任する意向をお伝えしました。私が新しい役目に移行するにあたって皆様のサポートのメッセージ(と質問)すべてに感謝致します。今後も私のさまざまな仕事を引き継ぐ新任に指導、養成をして参ります。 (2005年の)プログラムの創設者としての私の目的は、継続的成功を確実にする最大限の継続性と魅力的な変遷を提供することでした。大学教員として引き続き開講予定の授業を行い、エグゼクティブMBAプログラムやリサーチ学部といった大学の他分野のエグゼクティブコーチングを行います。
コーチングの専門職から引退は致しません。幅広い管理職や専門職の世界中のクライアントに対する個別コーチングセッションは継続致します。私の目標は来る他の興味深い機会に対応するためにより多くの時間を作ることです。

I have reached a place in my coaching professional career where I have eliminated the difficulties and I can share the many lessons learned with aspiring coaches. The main challenge for new coaches appears to be marketing–both for internal and external coaches. About a year ago I announced my intention to step down as founder and ACTP Training Director of the Executive & Professional Coaching Program at UT Dallas–effective September 1, 2013. I spent the following five months training and mentoring my successor and officially retired as of February 1st. Here’s what I wrote about that transition in my e-newsletter, The CoachNet Strategy Letter:

New Directions: Message From Judy Feld

In May, at an Open House at UT Dallas, I shared my decision to step down from my position as ACTP Training Director for the Executive and Professional Coaching Program as of September 1, 2013. I appreciate all your messages of support (and your questions) as I transition to a new role. I will mentor and train the new people who will take over my various functions. As a founder of the program (in 2005) my objective is to provide maximum continuity and a graceful transition to ensure its continued success. I will continue in my faculty position, teaching my scheduled classes, as well as executive coaching in other areas of UT Dallas, such as the EMBA program and the Research Dept.
I am not retiring from the Coaching Profession. My private practice continues to thrive, with coaching clients all over the world in a variety of executive and professional positions. My goal is to create more time to respond to other interesting opportunities which come my way.

4. 今後コーチとしてやりたいことは何ですか?
  What would you like to do as a coach going forward?

オープンハウスで使用した私の最後のプレゼンテーションスライド(音楽と郷愁が加わった)「コーチとしての次の20年」はこちらです。

 個別セッション(あと数人のクライアントを受ける余裕があります)
 CoachNet.com (私のネットワーク上拠点における新しいアイデアと新しい資料)
 メンタリング(高い可能性のあるコーチに対して)
 ティーチング(テキサス大学ダラス校と企業、民間プログラムにおいて)
 コーチングのイニシアチブを高める(しかし、管理はしない)
 新しいことを発掘する(例えば著書のゲーム化)
 旅行/リラックス

新たにできた時間をすべての新プロジェクトで埋めようとは思いませんが、これらは私が最も興味をもっていることです。そのためには気を引き締める必要がありますね。皆様の情報やアイデアに感謝しています。すべての方に知って頂きたいのは私はプロとしての人間関係と個人的な友好関係を高く評価し、(評価を持ち続ける)ということです。ですので、つながりを持つことは私にとってとても重要です。(アメリカでは)「電話、手紙(および電子メール)を受け入れ続けましょう」と言われています。ですので、リンクドイン(LinkedIn)で繋がりましょう。そして、ぜひCoachNet戦略レターの購読してください。

Here’s what my last presentation slide at the Open House contained (plus some music and nostalgia):
My Next 20 Years As a Coach
 Private practice (perhaps room for a few more clients)
 CoachNet.com (new ideas and new resources for my virtual headquarters)
 Mentoring (for high-potential coaches)
 Teaching (at UTD and in corporate and public programs)
 Develop Coaching Initiatives (but not manage them)
 Discover what‚s new (e.g. gamification applied to SmartMatch Alliances)
 Travel/Relax

I don’t want to fill all my newly-open time with all these new projects–just those which intrigue me the most. I need to be careful about that. I appreciate your input and ideas. I want you all to know that I have valued (and will continue to value) our professional relationships and personal friendships–and it is important to me to stay in touch. As they say, “keep those calls and letters (and e-mails) coming.” Let’s be sure we’re connected on LinkedIn, and I welcome you as subscribers to the CoachNet Strategy Letter.

5.そのためには何が必要ですか?
  What do you need in order to accomplish it (the above)?

健康でいること、そしてすばらしいクライアントと同僚、家族、友達からのサポートと協力です。私は恵まれています。そして、私の感謝の気持ちを表し続けていきたいと思っています。

Continued good health and support and collaboration from wonderful clients, colleagues, family and friends. I feel blessed, and want to continue to express my gratitude.

6.日本のコーチに一言
  Message to coaches in Japan

ぜひ、こちらの資料と記事をご覧ください。

CoachNet 戦略レターの購読:
coachnet.com/info/resources-newsletter.html
リンクドイン:
linkedin.com/in/judyfeld
Join Groups: (can join up to 50)
グループの参加:(50まで参加できます)
資料集(アーティクルバンク):
コーチのノートブック: http://www.coachnet.com/coaches/articles/index.html
著書(スマートマッチアライアンスSmartMatch Alliances):
http://www.coachnet.com/info/resources-smartmatch.html
メールアドレス: Judy@CoachNet.com

Here are some resources and articles to share:

Subscribe to the CoachNet Strategy Letter:
coachnet.com/info/resources-newsletter.html
Connect on LinkedIn:
linkedin.com/in/judyfeld
Article Bank:
http://www.coachnet.com/business/articles/
http://www.coachnet.com/business/articles/
Coach’s Notebook: http://www.coachnet.com/coaches/articles/index.html
SmartMatch Alliances book:
http://www.coachnet.com/info/resources-smartmatch.html
E-mail: Judy@CoachNet.com

インタビュー by ICFジャパンチャプター副理事長 紫藤由美子
翻訳 by コーチングインターナショナル ビジネス&パーソナルコーチ 荒木 まさえ

Mr. David Matthew Prior(デイビッド マシュー プライヤー氏) 第一回グローバル・リーダー・コーチ インタビュー

David Matthew Prior
グローバル・リーダー・コーチインタビュー

ICFジャパンの新しい試みとして、不定期に、世界で活躍するコーチのインタビューを掲載して参ります。
第一弾は Mr. David Matthew Prior(デイビッド マシュー プライヤー氏)です。

プロフィール : David Matthew Prior
Web: www.getacoach.com

ICF認定マスターコーチ (MCC)
現在、コロンビア大学およびテキサス大学にてコーチングを教える、とともに、ニューヨークを中心に組織に向けてのコーチングを展開し活躍中。
金融業界 ➡ 演劇 ➡ コーチングというユニークな経歴を持つ。
ICF本部にて倫理規定のコミッティーメンバー、アセッサーチームのメンバーとしても貢献。

Q1 : コーチになったきっかけ、理由はなんだったのですか?

1994年からコーチングを始めて、今年で20年になります。
私がコーチになったきっかけは、1990年代に自分に初めてコーチをつけたことでした。私はすっかりコーチングが気に入ってしまったんですね。
5年ほどそのコーチとは縁があったのですが、1-2年たった頃でしょうか、そのコーチが私に、あなたはコーチに向いている、と言ってくれたのです。
その頃、自分は俳優として演じることや教えることからの転換機にいたのですが、その側面にある適応性や人間関係、そしてコーチングの持つ創造性や親密性に惹かれたんです。 そこからコーチングを学び始めました。
ですから、コーチをつけ、コーチングを体験し、そして自分もコーチとなった、というのが経緯です。

最初はチェイス銀行にて5年ほどトラスト・オフィサーとして勤務しており、その後舞台の世界に入りました。それは私にとってはとても自然な流れでした。
舞台というのは、身体、声、そして道具としての自分、のダイナミクスを通じてその役を理解する、ということなんですね。そのキャラクターを学ぶために、物理的に、感情的に、そしてその想像の空間に入り込まなければならないんです。
だからこそ、そのように投影して自分自信を表現することができるスキルは人間の精神を発掘する、という意味では、コーチングの空間に似ているところがありました。

その頃はすでに金融業界から演劇の世界にいたわけですが、当時はキャリアコーチ、ライフコーチとして始め、組織やエグゼクティブに向けてのビジネスコーチにシフトしていきました。
その後は、3つのビジネスモデルを併せたものの提供が自分のスタイルになっています。
一番目は「コーチング」「リーダーシップ開発」「エグゼクティブコーチング」のコーチングの分野。二番目は企業トレーニング。
そして三番目は教えること。コロンビア大学ではコア・ファカルティとして、組織内及び組織外コーチのための認定プログラム、そしてテキサス大学ではチャーター・ファカルティとして、プロフェッショナルコーチングプログラムを教えています。

Q2:コーチングで一番心がけていることは何ですか?

これは、間違いなくわたしが “教えること“ と “学ぶこと”から与えられているのですが、
私の特徴的な存在感と言える、「落ち着き」「軽快さ」「遊び心」「ユーモア」そして、一瞬一瞬をクライアントと共に「自然に取り組む」ということですね。
言ってみれば、右脳と左脳のバランスです。
私のスタイルである “Nurture the Nature”(人間の本質を育む)です。

Q3:コーチングの仕事をしていて、難しいと思うことは何ですか?

現在のチャレンジであり機会でもあるのですが、私自身をすべてその場に出す、ということです。
クライアントや組織にもよりますが、私が本物で、誠実で、輝いていて、遊び心をも持っていて、それらの様相が、影響力として存分に使われることです。

Q4:今後コーチとしてやりたいことは何ですか?

現在すでに取り入れているのですが、観衆の前で実際のコーチングをし、そのモデルや手法を都度説明しながらデモンストレーションを行うことです。
最近も、「7 chairs and 7 images」という二人のコーチとひとりのクライアントのワークを、ICFニューヨーク支部でも行いました。
このようなワークをどんどん広げていきたいと考えています。

Q5:そのためには何が必要ですか?

いい質問ですね。
Q4にもつながりますが、とにかく多くの人にこのデモンストレーションを見てもらって推進者となってもらうことです。
これまで、アメリカ国内のみならずスウェーデンでも行いましたし、これから南米でも実施していく予定です。

Q6:ICFジャパンのメンバー及び日本で活躍するコーチたちに向けて何かメッセージを

「Ohayo Gozaimasu」冗談です(笑)
これは自分の言葉ではなく、Rudyard Kipling という詩人からの引用です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は六人の正直な給仕人を持ち続けています。
(彼らが私が知っていたことすべてを教えてくれました)
彼らの名前は、What, Why, When, How, そして Where と Whoです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インタビューを終えて:
Davidとは直接お会いしたこともあるのですが、とても気さくで魅力的な方です。クライアントに対しても、自分に対しても、常に誠実に、ということが話のいろいろなところから伝わってきます。
コロンビア大学でのプログラムの詳細はこのリンクから。
http://www.tc.columbia.edu/coachingcertification/
2014年10月には “International Columbia Coaching Conference in New York City”が催されます。

インタビュー by 紫藤由美子(ICFジャパンチャプター副理事長)

—————————————————————————————————

English Summary :

1.What made you decide to become a coach?
David has been coaching since 1994, almost 20 years now.
He became a coach after hiring a coach for himself. He had his first coach in 90’s and he loved the experience. In the 1st or 2nd year of the coaching with his first coach, his coach said to him “As you work with me as you’re your first coach, David, I think you make a good coach for yourself.”
David liked the flexibility and human relationship aside of it and creativity and intimacy of coaching. Then he started getting trained to become a coach. So he became a coach from hiring the coach, working with the coach, having experience being coached.
He started as more the career coach, life coach and became to a business coach to organizations and executives. He now combined 3 parts of business models; 1) Coaching, leadership development, and executive coaching, 2) Corporate training, and 3) Teaching at Columbia University as a Core Faculty member of the Columbia University Coaching Certification Program for Internal and External Coaches, and as a Charter faculty member at the University of Texas at Dallas Executive and Professional Coaching Program.

David’s first career was as a banker for 5 years, working at Chase Bank as a Trust Officer. This was followed by a transition to an acting career in the New York theatre community. He studied characters and playwrites. It was a natural career shift for him.
Theater is often around understanding oneself through the dynamics of body, voice, and themselves as an instrument. In order to study characters, they had to be tap into the physical and emotional and imagine to space and because of that, some of those skillsets being able to present themselves to in front of the people, transferable, to the coaching space, which is often the around discovering the human spirit, human psyche. He studied characters and naratives and play rights and dynamics between, behind, character having different objectives or world of view, so that same thing became transferable to coaching space which was a study of human development kind of field.

2. What do you keep in your mind the most about your coaching, coaching style?
David’s education and professional development in coaching is informed by the thinkers, frameworks and models he teaches at Columbia University. Much of it also informed his own signature presence which has calmness, a lightness, and ability to play and use humor, and to work spontaneously with the client moment to moment.
He balanced the right brain and the left brain. The structure of the format and the theoretical part with surrendering spontaneous intuitive and creative. It’s a combination, but it is definitely a part of his style, he said. “Nurture the nature”. Nurture the part of the person which is really natural.

3. What are the challenges or difficulties that you face in the coaching business?
4. What would you like to do as a coach going forward?
The ongoing challenge, it’s also opportunity is to make sure to bring all of himself to the table. He can really be authentic, truthful, light, playful, and all of those facets can be utilized fully and also with an impact.
What he is doing now as a coach is “Coaching demonstration to the public”, demonstrating the coaching in front of the audiences, showing their coach works slowing it down and modeling it and using it to the others, integrating that to use live coaching event, where coach to coach on stage with the real client.

5. What do you need in order to accomplish it (the above)?
He said “That’s a good coaching question”.
What he needs is more people to see that, to champion that.
He recently gave a presentation to ICF New York Chapter, It was “7 chairs and 7 images”. They had 2 coaches and 1 client. He and them had a lot of synergies.
He would like to accomplish doing more work in public way.
Whenever he does this presentation, all he needs is 1 or 2 people in the audience who are resonant with that and who wants to bring that to someone else to get the wider view and get him doing more often, not just once or twice in the year, may be once a month. He is doing some public venue of demonstrating coaching in creative way.
-Any plan to do this even out side of the US?-
He was asked to do the same presentation in Sweden, so he went to Sweden last year for a group that was meeting for coaching reunion and there were 90 – 100 people.
He started with internationally and possibly going to South America, too

6. Could you send any message to the ICF Japan members and coaches in Japan
「Ohayo Gozaimasu」Just kidding (Laugh)
This is not my own words, it’s a quote from a poet, Rudyard Kipling;
—————————–
I keep six honest serving-men
(They taught me all I knew);
Their names are What and Why and When and How and Where and Who.
————————-

You can find out more about David and his program from his website
http://www.getacoach.com
http://www.tc.columbia.edu/c oachingcertification/