ICF 本部会員への加入

ICF 本部への加入

ICFの会員資格は、あなたをプロフェッショナルとして成長させ、あなたのネットワークやリーダーシップをローカルからグローバルレベルへ発展させるチャンスを広げます。
ICF 本部がコーチの職業的価値を高め、コーチが必要とする支援やツールを供給するという使命を果たし続ける限り、会員は顧客や、世界をより良いものにするという本当に大切なことに集中することができます。

会員

コーチングは急成長している比較的新しい分野として、比類なき挑戦と共に進んでいます。 ICFは世界最大の非営利のコーチング団体であり、人々が解決策とプロとしての成長を求めて集まる組織となりました。
ICF は、コーチングの教育、プロモーション、リサーチなど、あらゆる方法で会員をサポートします。
ICFの会員資格は、最新のコーチングに関するリサーチ、グローバル・ネットワーキングの機会、そして価格競争力があり非常に高く評価されている資格制度や資格認定プログラムを提供します。
ICFは会員に、プロフェッショナルなコーチとしての未来の中で、発言力を増し、発言する機会を与えます。
そしてICFは、プロフェッショナルなコーチングを普及させ、高い水準でその注目度を高め、個人・ビジネス・組織の最大の可能性を引き出すコーチングプロセスの価値を称賛します。

会員資格の価値

国際コーチ連盟への入会を勧める理由はたくさんありますが、ここではまず4つをご紹介します。

信頼を構築する

世界のコーチングを牽引している組織に所属していることはあなたへの信頼を高めます。
ICFは20,000人以上の会員を有し、唯一の独立したコーチのための組織であり、国際的に認知されているコーチの資格を認定する組織です。
ICF会員は、ウェブサイト、メール、名刺などを含む販促資料にICFのロゴを使用することができます。
またICFはマーケティングガイドやロゴ入りの様々なテンプレートを提供するだけではなく、メディア対策、プレスリリース、パワーポイントでのプレゼンテーションを作るシンプルな方法を提供します。

コーチングコミュニティーにつながる

世界中の100を超えるICF支部のひとつに加入し、コーチングコミュニティーにつながりましょう。
あなたにとっての最高のリソースは、経験豊かなコーチ仲間かもしれません。
あなたと同じような挑戦やわくわくに出会っている他のコーチ達と一緒に歩みましょう。
支部の集まりやイベントはあなたのリーダーシップスキルを開発し、人類の繁栄に貢献する、絶好の機会となるでしょう。
ICFコミュニティーにおけるネットワーキングの可能性は無限です。

プロとして成長できる土壌を作る

継続的な教育のさまざまな機会を利用して、プロとして成長しましょう。
ICFは、コーチング業界調査のリーダーです。あなたの日々の意思決定に役立つ情報を提供し、競争の激しいコーチング市場で際立つための、実用的な情報と業界動向が満載の研究レポートを毎年発表しています。
地域別の会議や随時行われるオンラインセミナーはプロとしての成長のための絶好の機会です。

最新の業界動向を得る

定期的に行われる会員ページの更新や、四半期毎に発行される電子マガジン「コーチングワールド」を通じて、最新の業界動向に関する情報をアップデートできます。
またICFは様々な団体と提携し、会員向けにさまざまな商品やサービスを特別価格や割引価格で提供しています。
ICF会員には、ICFリサーチ、イベント、申請料の割引が提供されます。

会員資格要件

国際コーチ連盟の会員になるためには、少なくとも次の要件の一つを満たさなければなりません。
1.現在のICF認定資格 (ACC, PCC, あるいは MCC)を保持している
2.ICFの基準を満たすコーチ向け専用トレーニングを少なくとも60時間完了している 
*コーチ向け専用トレーニング必要条件については下の説明参照
3.ICFで承認された60時間プログラム(ACTPあるいは ACSTH)を受講している

*コーチ向け専用トレーニングとして承認されるトレーニングとは:
•ACTP(ICF認定コーチトレーニングプログラム)あるいはICFよりACSTH(コーチ向け専用トレーニング履修時間)の指定を受けたトレーニング
次の制約のもとで、コーチ向け継続教育(CCE)の提供者によって提供されるトレーニング
•コア・コンピテンシーに沿った内容として認められるものであれば、そのすべての履修時間は承認されます
•コア・コンピテンシー以外の内容についての履修時間は、12時間を上限として承認されます
コーチングスキルを教えることとして特別に商品化されているトレーニングであり、コーチングスキルを教えるトレーニングや、コーチらしい振る舞いによって技術的なスキルを提供する方法を教えるトレーニングや、ICFコア・コンピテンシーに基づいてコーチングスキルを教えたりするトレーニング
•コーチングスキルまたはコーチのような立ち振る舞いにおいてどのように技術的スキルを適用するかを指導する、またICFコア・コンピテンシーに基づいてコーチングスキルを指導する、というようなコーチングスキルを指導すると明確に市場に出ているトレーニング

コーチ向け専用トレーニングとして承認されないトレーニングとは:
•コーチがしばしば使うスキルであっても、他のスキルを教えるものとして商品化されているトレーニング
•自己啓発プログラムの各コース(フォーラム、ランドマーク、ライフスプリング、ライフトレーニング、サイエンス・オブ・ザ・マインド、など)
•心理学、カウンセリング、NLPなどの他分野での教育は、実際にコーチトレーニングとしてまたコーチ向け専用トレーニングとしてみなされない。ただし、ICFコア・コンピテンシーの観点に従ってコーチのトレーニングとして実際に教えられているものであれば、この限りではない。

下記の条件を満たさない限り、コーチングをクラスで教えた時間数は、コーチ向け専用トレーニングの履修時間とはみなされない
•申請者本人がクラスを作った
•その申請者本人がクラスで教えている
•コーチ向け専用トレーニングの定義に適合したトレーニングである

会員になるには
» こちらをご覧ください