国際コーチ連盟によるプロコーチの倫理規定 

 国際コーチ連盟の倫理規定
ICF Code of Ethics

前文
Preamble

国際コーチ連盟(以下、ICF)は、コーチングの卓越性を維持し、促進することを約束します。そのため、すべてのメンバーと資格認定コーチ(コーチ、コーチのメンター、指導者=スーパーバイザー・コーチ・トレーナーや学習者)に、ICFは、倫理的な行動についてその項目や原則を遵守すること、ICFによるコーチとしての能力水準(コアコンピテンシー)に則りそれをコーチングの中でも実践することを期待します。
ICF is committed to maintaining and promoting excellence in coaching. Therefore, ICF expects all members and credentialed coaches (coaches, coach mentors, coaching supervisors, coach trainers or students), to adhere to the elements and principles of ethical conduct: to be competent and integrate ICF Core Competencies effectively in their work.

倫理規定は、全てのICFメンバーとICFの資格保持者の行いに関して、ICFのコアバリューとICFのコーチングの定義に沿って、適切なガイドラインと説明責任、行動基準を提供するように設計されています。
In line with the ICF core values and ICF definition of coaching, the Code of Ethics is designed to provide appropriate guidelines, accountability and enforceable standards of conduct for all ICF Members and ICF Credential-holders, who commit to abiding by the following ICF Code of Ethics:

第1部:定義
Part One: Definitions

コーチング : コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである
Coaching: Coaching is partnering with clients in a thought-provoking and creative process that inspires them to maximize their personal and professional potential.

ICFのコーチ :ICFのコーチは、ICFによるコーチとしての能力水準(コアコンピテンシー)に則り、またICFの倫理規定を順守することを誓約する。
ICF Coach: An ICF coach agrees to practice the ICF Core Competencies and pledges accountability to the ICF Code of Ethics.

プロフェッショナルなコーチングの関係 : コーチングが双方の責任を明確にした同意(契約を含む)があるときに、プロフェッショナルなコーチングの関係が成立する
Professional Coaching Relationship: A professional coaching relationship exists when coaching includes an agreement (including contracts) that defines the responsibilities of each party.

コーチングの関係性における役割 : コーチングの関係での役割を明確にするために、クライアントとスポンサーの違いを区別することが必要な場合がある。多くの場合、クライアントとスポンサーは同一であり、その際には当該者をクライアントと称する。国際コーチ連盟は、クライアントとスポンサーを区別するために、これらの役割を以下のように定義する。
Roles in the Coaching Relationship: In order to clarify roles in the coaching relationship it is often necessary to distinguish between the client and the sponsor. In most cases, the client and sponsor are the same person and are therefore jointly referred to as the client. For purposes of identification, however, the ICF defines these roles as follows:

クライアント:クライアントあるいはコーチィとはコーチングされる人(々)である
Client: The “Client/Coachee is the person(s) being coached.

スポンサー:スポンサーとは、コーチングサービスの支払いを行うか、あるいは、コーチングサービスを設定した存在(その代理者も含む)である。すべての場合において、コーチング契約は明らかに両方のクライアントの権限、役割と責任を定め、クライアントとスポンサーが別の人であればスポンサーとする必要がある。
Sponsor: The “sponsor” is the entity (including its representatives) paying for and/or arranging for coaching services to be provided. In all cases, coaching engagement agreements should clearly establish the rights, roles and responsibilities for both the client and sponsor if the client and sponsor are different people.

学習者 : 学習者はコーチングのプロセスを学ぶか、あるいはコーチングの能力を高め、開発するために、スーパーバイザーやメンターコーチに従事しているか、コーチのトレーニングプログラムに籍を置いている者である。
Student: The “student” is someone enrolled in a coach training program or working with a coaching supervisor or coach mentor in order to learn the coaching process or enhance and develop their coaching skills.

利益相反:コーチが、コーチとしてあるいはプロフェッショナルとしての業務に影響が出る可能性のある程度に、プライベートな、または個人的な関心を持っている状況。
Conflict of Interest: A situation in which a coach has a private or personal interest sufficient to appear to influence the objective of his or her official duties as a coach and a professional.

第2部:国際コーチ連盟の倫理行動基準
Part Two: The ICF Standards of Ethical Conduct

第1節:プロフェッショナルとしての行動
Section 1: Professional Conduct at Large

コーチとして、私は、
As a coach, I:

1)トレーニング、メンター、指導者(スーパーバイザー)としての活動を含むコーチとしてのすべての交流や活動において、ICFの倫理規定に従い行動します。
Conduct myself in accordance with the ICF Code of Ethics in all interactions, including coach training, coach mentoring and coach supervisory activities.

2)コーチ、トレーナー、メンターコーチの行いが倫理違反である、もしくはその可能性があることに気が付いた場合は、それが私、他人のどちらに対してのものかに関わらず、速やかにICFに連絡します。
Commit to take the appropriate action with the coach, trainer, or coach mentor and/or will contact ICF to address any ethics violation or possible breach as soon as I become aware, whether it involves me or others.

3)それを知らされるべき相手(組織、従業員、スポンサー、コーチ、その他を含む)に対し、規定に定められた責任について説明し、認識を促します。
Communicate and create awareness in others, including organizations, employees, sponsors, coaches and others, who might need to be informed of the responsibilities established by this Code.

4)年齢、種族、性別、民族、性的指向、宗教、国籍、障害などによる(違法な)差別を行いません。
Refrain from unlawful discrimination in occupational activities, including age, race, gender orientation, ethnicity, sexual orientation, religion, national origin or disability.

5)私がコーチとして提供するものについて、また、コーチの職業性やICFについて、真実と正確さを持って話し、文章化します。
Make verbal and written statements that are true and accurate about what I offer as a coach, the coaching profession or ICF.

6) コーチングの資格や専門知識、経験、トレーニング、認証やICFの認定資格について、正確に明示します。
Accurately identify my coaching qualifications, expertise, experience, training, certifications and ICF Credentials.

7)他者の尽力と貢献を認識し、尊重し、私自身のものとしてそれらを偽りません。私は、この基準に違反すると、第三者による法的措置の対象となり得ることを理解しています。
Recognize and honor the efforts and contributions of others and only claim ownership of my own material. I understand that violating this standard may leave me subject to legal remedy by a third party.

8)いかなる時も、私のコーチングのパフォーマンス、あるいはプロのコーチとしての関係性を、損なう、対立を生む、妨げる等の可能性のある個人的な問題は常に意識するよう努めます。状況が必要とする際にはいつでも、速やかに専門的な支援を求め、コーチングの関係を中断もしくは終了することを含め、取るべき行動を決定します。
Strive at all times to recognize my personal issues that may impair, conflict with or interfere with my coaching performance or my professional coaching relationships. I will promptly seek the relevant professional assistance and determine the action to be taken, including whether it is appropriate to suspend or terminate my coaching relationship(s) whenever the facts and circumstances necessitate.

9)倫理規定が私と、コーチングのクライアント、コーチング対象者(コーチィ)、学習者、メンタリング対象者と指導対象者(ズーパーバイジー)と私の関係に適用されることを理解しています。
Recognize that the Code of Ethics applies to my relationship with coaching clients, coachees, students, mentees and supervisees.

10)一定の科学的基準および適切な指針に従って、所定の能力を有した上で誠実に調査の実施および報告を行います。研究・調査を行うにあたっては、関係者から必要な同意および承認を得て、関係者に被害が及ぶ可能性がないように配慮した方法をとります。すべての調査活動は、研究が行われる国のすべての適用法令に準拠した方法で実施します。
Conduct and report research with competence, honesty and within recognized scientific standards and applicable subject guidelines. My research will be carried out with the necessary consent and approval of those involved, and with an approach that will protect participants from any potential harm. All research efforts will be performed in a manner that complies with all the applicable laws of the country in which the research is conducted.

11)私は、守秘義務、セキュリティ、およびプライバシー保護を推進し、関連する法令や契約を遵守する形で、コーチング業務中に作成した、電子的なファイル通信を含む、すべての記録を保持、保管、および処分します。
Maintain, store and dispose of any records, including electronic files and communications, created during my coaching engagements in a manner that promotes confidentiality, security and privacy and complies with any applicable laws and agreements.

12)ICFのメンバーの連絡先情報(電子メールアドレス、電話番号など)を、ICFによって認められた範囲でのみ使用します。
Use ICF Member contact information (email addresses, telephone numbers, and so on) only in the manner and to the extent authorized by the ICF.

第2節:利益相反
Section 2: Conflicts of Interest

コーチとして、私は、
As a coach, I:

13)利益相反およびその可能性を意識し続けることに努め、利益相反の可能性がある場合、率直に開示を行います。私は、そのような利益相反が発生した際は、自らの解任を提案します。
Seek to be conscious of any conflict or potential conflict of interest, openly disclose any such conflict and offer to remove myself when a conflict arises.

14) 組織内コーチの境界を定め、役割を明確化し、コーチングと他の役割との間で発生する可能性のある競合を利害関係者と確認します。
Clarify roles for internal coaches, set boundaries and review with stakeholders conflicts of interest that may emerge between coaching and other role functions.

15) 当該クライアントの紹介によって第三者との間に授受される予定の報酬を、クライアント本人とそのスポンサーに対して開示します。
Disclose to my client and the sponsor(s) all anticipated compensation from third parties that I may receive for referrals of clients or pay to receive clients.

16) 報酬の形にかかわらず、コーチ/クライアントの対等な関係性を尊重します。
Honor an equitable coach/client relationship, regardless of the form of compensation.

第3節:クライアントに対するプロフェッショナルとしての行動基準
Section 3: Professional Conduct with Clients

コーチとして、私は、
As a coach, I:

17)クライアント及び見込みクライアントやスポンサーに、コーチングプロセスの潜在的な価値やコーチとしての私について、私が真実であると知っていることを倫理的に話します。
Ethically speak what I know to be true to clients, prospective clients or sponsors about the potential value of the coaching process or of me as a coach.

18) 私は、事前あるいは最初の会合で、コーチングのクライアントとスポンサーが、コーチングの特質や、守秘義務、金銭的取り決め、コーチングに関する契約上のあらゆる条件についての内容と範囲を確実に理解するよう、説明に努めます。
Carefully explain and strive to ensure that, prior to or at the initial meeting, my coaching client and sponsor(s) understand the nature of coaching, the nature and limits of confidentiality, financial arrangements, and any other terms of the coaching agreement.

19) コーチングの関係を開始する前に、クライアントおよびスポンサーとの間に、明確な合意や契約を結び、この合意を尊重します。この契約はすべての関係者の役割、責任と権利を含むものとします。
Have a clear coaching service agreement with my clients and sponsor(s) before beginning the coaching relationship and honor this agreement. The agreement shall include the roles, responsibilities and rights of all parties involved.

20) クライアントやスポンサーと、物理的、あるいはその他の形でのやりとりの際には、明確で適切な意図に基づき、文化的に配慮した距離感を持って、接することを意識する責任を持ちます。
Hold responsibility for being aware of and setting clear, appropriate and culturally sensitive boundaries that govern interactions, physical or otherwise, I may have with my clients or sponsor(s).

21) 現在のクライアント、スポンサー、学習者、メンタリング対象者、または指導対象者(スーパーバイジー)とは、いかなる性的または恋愛的関係も持つことを避けます。さらに、サポートスタッフおよび/またはアシスタントを含む当事者間の潜在的な性的親密さの可能性に注意し、安全な環境を提供するために、適切に対処するか、契約をキャンセルするなどの措置を取ります。
Avoid any sexual or romantic relationship with current clients or sponsor(s) or students, mentees or supervisees. Further, I will be alert to the possibility of any potential sexual intimacy among the parties including my support staff and/or assistants and will take the appropriate action to address the issue or cancel the engagement in order to provide a safe environment overall.

22) 同意や契約の条件に従って、クライアントが任意の時点でコーチングの関係を終了する権利を尊重します。コーチングの関係から受け取れる価値に変化が生じてきた際には、その旨を告知します。
Respect the client’s right to terminate the coaching relationship at any point during the process, subject to the provisions of the agreement. I shall remain alert to indications that there is a shift in the value received from the coaching relationship.

23) 自分のクライアントやスポンサーにとって、他のコーチや支援手段がより適切であると判断した場合は、それらを勧めます。
Encourage the client or sponsor to make a change if I believe the client or sponsor would be better served by another coach or by another resource and suggest my client seek the services of other professionals when deemed necessary or appropriate.

第4節:守秘義務・プライバシー
Section 4: Confidentiality/Privacy

コーチとして、私は、
As a coach, I:

24)すべてのクライアントおよびスポンサーの情報について、法律によって要求されない限り、厳格な水準で守秘義務を守ります。
Maintain the strictest levels of confidentiality with all client and sponsor information unless release is required by law.

25) コーチングの情報が、コーチ、クライアント、スポンサー間でどのようにやり取りされるかについて、明確な合意を持ちます。
Have a clear agreement about how coaching information will be exchanged among coach, client and sponsor.

26) クライアントとスポンサーの両方、学習者、メンタリング対象者または指導対象者(スーパーバイジー)を持ち、コーチ、コーチのメンター、指導者(スーパーバイザー)やトレーナー、として活動する場合、守秘性が維持されない可能性がある条件(例えば、違法行為、裁判所の有効な命令または召喚、自己または他人に危険が差し迫っているかそれに近い状況、など)について、必ず対象者と任意にかつ意識的に、機密性の限界に書面で同意するものとします。その中には上記のいずれかの状況が適用される際、私は該当する機関に通知する必要があるかもしれないと考えていることを含みます。
Have a clear agreement when acting as a coach, coach mentor, coaching supervisor or trainer, with both client and sponsor, student, mentee, or supervisee about the conditions under which confidentiality may not be maintained (e.g., illegal activity, pursuant to valid court order or subpoena; imminent or likely risk of danger to self or to others; etc) and make sure both client and sponsor, student, mentee, or supervisee voluntarily and knowingly agree in writing to that limit of confidentiality. Where I reasonably believe that because one of the above circumstances is applicable, I may need to inform appropriate authorities.

27) 私のクライアントをサポートするために私と一緒に働くすべての人々に対し、第4節:守秘義務・プライバシーの26条、および該当する可能性のあるICF倫理規定の他の部分を遵守することを求めます。
Require all those who work with me in support of my clients to adhere to the ICF Code of Ethics, Number 26, Section 4, Confidentiality and Privacy Standards, and any other sections of the Code of Ethics that might be applicable.

第5節:継続的な能力開発
Section 5: Continuing Development

コーチとして、私は、
As a coach, I:

28)プロフェッショナルとしてのスキルを継続的に開発し続けます。
Commit to the need for continued and ongoing development of my professional skills.

第3部:倫理誓約
Part Three: The ICF Pledge of Ethics

私は、ICFのプロフェッショナルコーチとして、クライアント、スポンサー、同業者、そして社会全体に対して、倫理的・法律的な義務を履行することに同意します。
As an ICF coach, I acknowledge and agree to honor my ethical and legal obligations to my coaching clients and sponsors, colleagues, and to the public at large. I pledge to comply with the ICF Code of Ethics and to practice these standards with those whom I coach, teach, mentor or supervise.

私は、ICFの倫理規定を遵守し、コーチングを行う相手に対してこれらの基準を実践することを誓います。私が、この倫理誓約もしくはICFの倫理規定の一部にでも違反した場合、私の責任については、ICFの独自の裁量に委ねることに同意します。さらに、違反に伴いICFに対して発生する私の責任には、ICFにおける会員資格や認定資格のはく奪などの制裁が含まれることに同意します。
If I breach this Pledge of Ethics or any part of the ICF Code of Ethics, I agree that the ICF in its sole discretion may hold me accountable for so doing. I further agree that my accountability to the ICF for any breach may include sanctions, such as loss of my ICF Membership and/or my ICF Credentials.

倫理審査プロセス(意見や苦情を申し立てるためのリンクを含む)の詳細については、こちらをクリックしてください。
For more information on the Ethical Conduct Review Process including links to file a complaint, please click here.

2015年7月 ICF理事会にて承認
Adopted by the ICF Global Board of Directors June 2015.

2015年12月ICF日本支部 翻訳(2016年1月22日版)

元記事リンク
http://www.coachfederation.org/about/landing.cfm?ItemNumber=854